山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > アパート名にあるコーポ・ハイツ・メゾンの違いは?

アパート名にあるコーポ・ハイツ・メゾンの違いは?

コーポ・ハイツ・ヴィラ・シャトー等、アパート名称の違いは?

アパート名によくあるハイツ・ハイム・コーポ・メゾン・ヴィラ等々。

新しい住まい探しの際によく見るこういった名称。

この違い、気になりませんか?

実はこの名称が違うと、建物の何かが異なる。。

と、いうようなことはありません。

 

それには二つの理由があります。

  1. 建物には鉄骨造だからハイツ、木造だからコーポといった明確な決まりがない。

  2. 賃貸住宅の名称は大家さんの好みで決めている。

というわけで、仮に“ヴィラわんこ”と“コーポわんこ”の二つがあっても、名前が違うだけということになります。

でも、このヴィラやコーポと呼ばれる言葉には、それぞれ似ていて異なる意味があるんです。

ご存じでしたか?

ハイツやコーポ、メゾンの意味を教えて!

では、ハイツやコーポといった単語はどうして建物名称に使われるのでしょう?

その理由は言葉の意味を知ると分かります、よく見かける名称ごとに言語・意味をまとめてみました。

名称 言語 意味
ハイツ 英語 高台(heights)
コーポ 英語 共同住宅(cooperative houseの略)
メゾン 仏語 家(maison)
ヴィラ 仏語 別荘(villa)
ハイム 独語 家・住まい(heim)
シャトー 仏語 貴族が住むカントリーハウス(chateau)

(仏語=フランス語・独語=ドイツ語)

 

いかがですか?どれも、家に関係する言葉。

全て英語かと思いきや、色々な国の言葉が使用されています。

こういった家に関連する言葉を使うことで、居住用建物をアピールしながら、英語を取り入れたオシャレな名称で他の建物と差別化する。

種類が多いのは、こんな理由もありそうですね。

日本のマンションやアパートは和製英語!?

最後に、普段何気なく使っている“アパート”や“マンション”といった言葉。

実は、本来の英語と意味とは異なって使用されている和製英語なんです。

せっかくなので、正しい言葉の意味も知っておきましょう。

マンション(condominium)

  • 日本では・・アパートよりも戸数の多いコンクリートが使用された共同住宅・分譲住宅
  • 英語では・・プールなどがある豪邸・邸宅

 

アパート(apartment)

  • 日本では・・1階〜3階建ての木造住宅、内部を区切り独立した住まいとして賃貸する建物
  • 英語では・・賃貸住宅

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る