山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > いたずら風の安全対策

いたずら風の安全対策

 今月のゴールデンウィークからスタートしたアイディーホームの駐車場工事。

現在、既存の建物が解体され、着々と工事が進んでいます。

 

みなさんは基礎工事している現場で

こんな様子を見たことありませんか?

こんな風景見たことありませんか?

鉄筋の上にペットボトルや空き缶が刺さっている様子。

一見、

「あー!ゴミを捨てられた!!」

「現場にこんなことするなんて、職人さんのモラルを疑っちゃう。」

 

と、感じた方もいるかと思いますが、

実はこれ、ちゃんとした理由があるんです。

 

 

それは、

安全対策

カラフルなペットボトルのお陰か、

そんな風に見えないのが辛い所なのですが、

 

じつは、これを被せていない鉄筋むき出しの先端は

鋭利になっている所もあり、とっても危険。

 

現場の方も、扱う時はちゃんと手袋を着用して作業しています。

危険個所!

そんな危険なものだからこそ、

一時的でもこの先端部分をカバーして

安全を確保しているのです!

 

 

でも、空き缶やペットボトルを使うのは

風で飛ばされてしまうことも考えられますので

あくまで仮処置。

 

 

この先端部分には、【鉄筋キャップ】や、【鉄筋カバー】と呼ばれる

専用の保護するものがあります。

安全キャップ

これでバッチリ!

先端部分がしっかり保護されました。

 

工事現場には、ちゃんとみんなを守る工夫があるんですね。

 

でも、

危ないからと言って、勝手に他の方の現場へゴミの空き缶などを

置いてきてしまわないようにご注意!

 

 

現場はゴミ捨て場ではありません。

あくまで職人さんがする、一時的な保護ですからね。

 

ご参考までに。

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る