山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > うさぎマークの全日本不動産協会、マークの意味は?

うさぎマークの全日本不動産協会、マークの意味は?

不動産会社の店先にある、「うさぎ」のマーク。

この由来をご存知でしょうか?

全日本不動産協会ロゴマーク

この「うさぎ」のマークは、公益社団法人 全日本不動産協会会員のシンボルマークです。

すこし長くなりますが、

なぜ全日本不動産協会のマークに「うさぎ」が使用されているのかをご説明します。

 

昭和20年、日本は終戦をむかえ復興へと歩みはじめました。

空襲で焼け野原となった所では、

土地の所有者や、隣地との境界も不明のまま復興が始まりました。

しかしそんな状態では、当然の事ながら争いや問題が多発し、悪徳業者が横行します。

 

このような状況をみて、当時の良識ある人達が、

政府と一体となり、法整備を行うことになりました。

 

これにより昭和27年に施工されたのが、「宅地建物取引業法」、

この法律を運用する団体として、同年6月に「全日本不動産協会」が日本で最初に設立されたのです。

 

設立当時の建設大臣は、 野田聖子代議士の祖父に当る「野田卯一」氏でした。

初代会長は、東急電鉄社長の 五島慶太氏です。

 

野田卯一先生は、後に2代目会長に就任されましたが、

協会の設立にあたり、大変御尽力を頂きましたので

野田建設大臣のお名前の一字である「卯」 の字から

「うさぎ」をシンボルマークとすることに決まったのです。

 

ちなみに、使用されている色は3色。一つ一つが込められた意味を表しています。

オレンジ色、「明るい未来」

緑色、「豊かな大地と自然」

白色、「公正」を表しています。

 

アイディーホームは、この歴史ある全日本不動産協会の会員です。

不動産取引は、ぜひ当社へお任せください。

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る