山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 使ったから分かるIHの残念なところ

使ったから分かるIHの残念なところ

IHに買い替え失敗しました。

リフォームや設備の入れ替えを考えている方へ

自身の失敗例を参考に、 納得の住宅リフォームをしていただけたらと思って書いてみました。

 

最近は中古住宅をキレイにリフォームして住むエコな方がいっぱいいらっしゃいます、そんな方にアドバイス的失敗例をお話しします。

数年前、私のうちに太陽光発電(ソーラー)を設置することになりました!

ソーラーと一緒に導入したエコキュート

ソーラーを設置するついでに「オール電化にしては!」との業者さんの勧めもあり、なんとなく購入してしまいました。

もちろんソーラーに関しては納得して購入しました。

オール電化に関してはさほど関心もなく言われるがまま購入した感じでしたが、

給湯のボイラーも年数が経ち交換時期に近づいていましたし、

まぁ、ガスコンロの五徳を洗うのが面倒でしたし、

IHクッキングヒーターに交換してもいっかぁ・・・、 という感じで、IHの特性や機能を全く考えず、ただ掃除の手間を惜しみ購入しました。

 

たしかに、IHクッキングヒーターは安全で経済的!掃除も手間いらずでラク!

その上、最新の機種は鍋振り対応!と使い勝手も完璧に聞こえました。

相性の悪かったIHクッキングヒーター

いざIHを使ってみると、私と相性の悪いコト・・・

当初の予想に反し、まったく使いこなせない。

  1. お湯を沸かせば吹きこぼれ
  2. カレーを温めればなべ底を焦がし
  3. から揚げを揚げれば、真っ黒になり
  4. 鍋振りするとヒーターが止まるしまつ

揚げ物に関してはちゃんと180℃で設定、予熱してから揚げているのに上手くできません。

再チャレンジしても同じ結果に。

ホトホト相性が悪い。

 

そこで、なにが原因なのか考えてみました・・・

  1. 火加減が目視できずメモリでの調整になること
  2. 水を沸かす時の対流現象が起こらないこと
  3. 油も対流現象が起こらずなべ底の温度が高くなりすぎること
  4. 金属の鍋に通電する際に発熱するため直火でないこと

でした。

 

オール電化やIHクッキングヒーターへのリフォームを検討中の方は、以上の特性などをよく理解してからの買い替えをお勧めします。

私自身は五徳の掃除があっても、やっぱりガスコンロに戻したいと思っています。

事務 今井

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る