山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 廊下の無い家に住んだら

廊下の無い家に住んだら

家の中で、部屋同士をつなぐ廊下。

最近廊下のスペースを極力減らしてくださいと言われるお客様が多くなりました。

居室では無く、部屋を行き来する為のスペースなのですから、みなさん無駄に広くしたくないという気持ちはありますよね。

ですが、ごくまれに

「廊下の無い家にしてください。」

という方がいらっしゃいます。
この希望には、プロとしてちょっと待ってください。

と言わざるを得ません。

なぜなら、廊下は必要以上に広くとる必要は無いのですが、ちゃんとした役割があるからなんです。

そう、冒頭でお伝えした部屋同士をつなぐ役割。

では、廊下を無くすと、家はどうなるのでしょう?

以前、私の母の友人が、一階だけ廊下のない家を建てられました。その方が言うには

「リビングに落ち着いていられない。」

何故だと思いますか?

実は、廊下を無くすと、こういうことがおきます。

建物の中心に近い部屋が、廊下と居室を兼用する。

この場合、たいていリビングがその対象となります。

キッチンから玄関への移動に、そのまま廊下へ出て行けるはずが、リビングを必ず通り、トイレに行くにもリビングを通り。。

用も無いのに、毎回リビングを通られたら、くつろぐ部屋であるリビングも落ち着いていられません。

みんなが集まるリビングは家の中心的な部屋。そして、くつろげる空間だからこそ、家族が集まってくるんです。

その空間を陰ながら演出しているのは、要らないんじゃない?と思われがちの廊下。

我が家を建てる際は、最低限の廊下で快適空間を作りましょ。

みんなの笑顔が集まるリビングを、ね。

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る