山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 建物構造のRC造やSRC造って何の意味?

建物構造のRC造やSRC造って何の意味?

建物構造のR・S・C・Wは何を意味してるの?

建物を建てる際に基本となる構造。

一般的に【住宅】は木造というイメージですが、不動産の広告をみると、SRC造とかRC造とか。。

 

ハッキリ言って、よくわからない!

もー!【R】とか、【S】とか、いったい何の暗号なのよ?!

という方の為に、今回は、各構造の意味とメリット・デメリットをご説明します。

 

物件資料で見かけるRC構造やSRC構造などは、

パイプスペース(配管スペース/Pipe Space)や、DIY(自作する/Do It Yourself)などと同じように

英語の頭文字をとって表示されています。

 

なので、個々の単語を覚えてしまえば、あとは簡単!

下記の5構造が物件資料で多く見られる構造です。

W造 木造 Wood
RC造 鉄筋コンクリート造 Reinforced-Concrete
SRC造 鉄骨鉄筋コンクリート造 Steel Reinforced-Concrete
S造 鉄骨造 Steel
RS造 一階がRC造、二階がS造のような混合構造 Reinforced-Steel

(Reinforcedの意味:強化する・補強する)

 

構造が違えば、それぞれの特性も違います。

では、構造ごとのメリットデメリットもこの機会に知っておきましょう!

構造別ごとのメリット・デメリット

W造・RC造・SRC造・R造のメリットデメリットです。

RS造は混合構造なので、今回は上記4つの構造のみになります。

木造(W造) 柔軟性や粘り強さがあり、手入れにより長年の使用が可能
鉄骨造(S造) 広い空間を確保できる、振動を伝えやすく火に弱い為耐火被覆が必要
鉄筋コンクリート造

(RC造)

形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れる 費用が割高
鉄骨鉄筋コンクリート造

(SRC造)

S造・RC造に比べ、耐震性能が高い 工期が長い

中でも、一般住宅では工期の短いW造(木造)

その中でアール部分がある特殊な部屋などが欲しい場合は、自由度の高いRC造。

店舗など、広い開口が希望ならS造、マンションでは耐震性に優れたSRC造が多いです。

それぞれに適した構造で建物が造られているんですね。

 

沢山の構造がありますが、やっぱり木造が多いのは、

木のぬくもりが好きだったり、日本の風土に合っているからなのかもしれませんね。

 

ご参考までに。

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る