山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 建築中の我が家は誰のもの?

建築中の我が家は誰のもの?

地鎮祭が済んで、マイホームの建築がスタート!

基礎が出来て、柱が立って、壁、屋根・・・我が家が出来ている様子を見るのは、楽しいですよね!

もちろん、中の様子だって気になります。

施主だから、ドンドン入っていって勝手に見てもいいんだよね?

となると、そうではありません。

なぜなら、

お客様の家を建築中でも、引渡しまでは建築会社さんの商品だから。

建築中は傷が付かないように養生(保護シート)をしてありますが、

見ている最中に、もしも、お客様が傷をつけてしまったら・・

建築会社さんはココが一番の心配どころ。

みなさん、最高の商品(我が家)を提供するために

細心の注意をはらって作業をしています。

建物内には作業する機械や材料などが置いてあることもあり

小さいお子様には特に注意が必要です。

なので、「どうせ、自分の家だし・・」ではなく、

いい家を引き渡してもらう為に、見る方も配慮が必要。

勝手にドンドン歩いたら、ワックス塗りたての床だった!

養生してある上から歩いたら、実はタイルを張ったばかりだった!

壁に触ったら、塗りたてで手にベットリ・・・・。

こういったことは、実際にありうる話。

誰も居ない時には外から見るようにしたり、

作業をしている方が居る時は、中に入る事と一声掛けるなど、お互いの配慮が必要。

覚えておいておくといいですよ。

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る