山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 火災保険と瑕疵(かし)保険の違いとは?

火災保険と瑕疵(かし)保険の違いとは?

 家を購入する際に加入する火災保険、当社オススメのリチェックハウスで加入を推奨しているのは瑕疵(かし)保険。

似て非なる二つの保険、まずその違いを確認しておきましょう!

火災保険・瑕疵保険の違いとは・・【災害・隠れた欠陥のどちらから家を守るのか?】

火災保険は台風や火災など外的要因に対して、瑕疵保険は家の中の欠陥、内的要因から守るもの。内容は違えど、どちらも大切な家のお守りです。

火災保険・瑕疵保険についての内容は以下になります。

火災保険とは?

火災保険は、損害保険と呼ばれるものの一つで対象となる建物や、その建物に収容された家財(保険の対象)が火災や水害、落雷などで受けた損害を補償する保険です。

新しく家を取得した時に加入しますよね、賃貸だと建物は大家さんの所有なので火災保険ではなく、借主の家財が対象となる家財保険となります。

加入時には木造・鉄骨造などの構造により保険料が変わりますが、建物検査は行いません

瑕疵保険とは?

瑕疵保険は、火災・風水害での損害は関係なく、購入した建物の性能や品質が建築基準法で定められた性能を満たさない状態の場合に補償してくれる保険です。

こういった状態を瑕疵(かし)といいます。

補償の対象は・・

  • 建物の構造で主要となる部分(屋根・柱・壁など)
  • 雨水の進入を防止する部分(屋根・外壁・開口部)

主に雨水進入による水漏れが身近なケースだと思います。

支払われる主な保険金は、修繕費用・仮住居や転居費用・損害調査費用・求償権保全費用です。

また、火災保険とは違い建物性能の瑕疵を補償するため、加入には建築年数の規定や加入前の建物検査が必要です。

どうせ住むなら保険に入れる建物を!リチェックハウス

上記でご説明した瑕疵保険。

建物検査やその他の加入要件を満たさなければならず、どんな建物でも加入ができるわけではありません。

瑕疵保険入れる物件をお探しなら、アイディーホームのリチェックハウス!

リチェックハウスの意味

リチェックハウスの建物は、すべてJIO(日本住宅保証検査機構)の検査項目と同じ箇所を診断!

そのため、診断後問題が無かった建物・又は必要な補修を終えている建物は、スムーズに瑕疵保険への加入が可能です。

チェックを通った安心の建物、いえいえ瑕疵保険のメリットはそれだけではありません!

瑕疵保険には火災保険にはない複数の減税措置が受けられるんです。

気になる詳細はコチラから⇒リチェックハウスで瑕疵(かし)保険に加入した場合の税金メリットは?

これからは外も中もマルッと安心!

大切な我が家をしっかり守っていきましょうね。

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る