山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 10月20日・21日の見学会を必ず見て欲しい3つの理由

10月20日・21日の見学会を必ず見て欲しい3つの理由

アイディーホームの新築住宅がファミリーにおススメな3つの理由

F龍地建売住宅画像 不動産会社が提案する家。

私達は、不動産を通じて新築住宅・中古住宅など多くの家を見てきました。

不動産売買の業務の中で、住まわれている方とお話しする機会や、リフォームのご相談で特に多かったお客様の声を活かすことはできないだろうか?

そして、今月やっとお客様からの声を反映し、当社ならではの新しい提案を入れたこだわりの一軒が完成しました。

建物の詳細・設備うんぬんの前に、私達アイディーホームが、この一軒を作るまでのショートストーリーをご覧ください。


不動産購入を検討される方が最初にぶつかる壁が資金面。

住宅ローンの悩みは長期にわたっての返済になることが多く、変動金利は将来的に不安だと感じている方が多くいらっしゃいます。

でも安心して住宅を購入してもらうために、

私達不動産のプロがつくる家とは?家が欲しい、その本当のニーズとは?

私達が出した答えは3つ。

そして、今回【セカンドリビングがある家】が完成しました。

最長35年返済が可能な【フラット35】で借入できる住宅であること

フラット35で借入できる住宅です

ご存じでしたか?

フラット35とは、実はどの住宅でも利用できるわけではなく、

一定の基準が設けられた建物のみが利用できる住宅ローンです。

将来の金利上昇にドキドキしながら過ごすのはもう終わりにしましょう。

安心して返済計画をたてられる、繰り上げ返済も手数料がかからないのも魅力です。

また、基準を満たしている物件は売却時、新しい買主様にとってフラット35を利用できるメリットがあります。

突然の転勤・売却にもしっかり備えられる建物であること。

不動産のプロだからこそできる購入・売却両方の視点で、今回フラット35対応の建物を提供することにしました。

長期借入をされるみなさんが安心して購入を出来る建物をつくることが一番だと考えます。

そして、私達の2つ目のポイントは、お客様の意見に注目すること。

注目すべき点はブログにありました。

今のニーズにしっかり応えること

お客様のニーズを大切にします

以前、ブログ記事として【廊下の無い家】を書かせてもらったのですが、そのキーワードでの検索数の多さに驚きました。

世の中のみなさんは、こんなにも廊下が不要ではないのだろうか?と感じているのです。

書いた記事では、「廊下は少ない面積でも役割があり、それが大切なんだよ。」

というメッセージだったのですが、今回の新築住宅では、お客様のニーズにあえて挑戦し、廊下を無くした一階床面積を100%活用する方法を選びました。

ただし、記事内にもあるとおりに廊下を無くしても、リビングでしっかりくつろげるように動線を考える事。

そして出来上がったのが今回の間取りです。

リビングへの出入り口付近に階段を設けて下記の3つのポイントをクリアしました。

  • 家族が交流出来るように、リビングの中に階段がある
  • 不要と感じている廊下を無くす(一階のみ)
  • リビングから階段へ向かう視界の中に丸見えになりにくい部分をつくる

この中で以外と見落としの多い部分が3番目。

普段、階段は廊下にあることが多いため、家に遊びに来たゲストにリビングが丸見えになることはありません。

ただし、リビング内に階段をつけてしまうと、ワンルームの様に一部屋になったLDKがバッチリ見えてしまいます。だからこそ、リビングの中には見えにくい部分が必要。

そして、急な来客時、リビングにいるお客様に気を使い、くつろぎのリビングを追われて寝室で過ごさなきゃならなかった。

こんな事ありませんか?

そう言った時に、家の主が気を使わない。今回3つ目のポイントはそこにこだわりました。

アイディーホームならではの提案をする

不動産はどれ一つとっても同じ物件はありません。もちろん、家族もそれぞれ生活スタイルがあります。

建売住宅のイメージといえば、どれも同じような間取りで個性に乏しい。

そう言った感覚がありませんか?

せっかく購入する我が家。今の生活スタイルに近い間取りにする為、需要の多い動線や設備はありますが、そこにアイディーホームらしさがなければ、他と一緒になってしまう。

見るからに個性的、だから使い勝手は別。

という見た目だけの物ではなく、家づくりは、小さな工夫と利便性を備えた個性的でなければならないのです。

その中で一番大切なのは、リビングの居心地と片付けやすさ。

収納面

  • モノが溢れやすいキッチンには食品だけでなく食器も片付けられる食品庫を
  • 洗面の横にはトイレットペーパーや薬などストックしておく収納を
  • 掃除機等の道具は部屋ではなくホールから出し入れする納戸を

収納ポイント

収納は使う分だけ収納するのがベスト。

適材適所の一番片付けやすい収納サイズと位置にしました。

収納画像

居心地面

  • 対面キッチンやリビング内階段で家族とつながる空間を大切にする
  • キッチン横に多機能スペースを設け、来客時の避難場所などフレキシブルに使う
  • 建物の道路側に大きな開口を作らず、プライバシー性をアップする

居心地アップポイント

中でも、リビング一番のこだわりはキッチン横の畳スペースです。居心地アップ画像

居心地画像

突然の来客時、リビングに居たいけど強制的に部屋を追い出された記憶がありませんか?

主婦の城と呼ばれるキッチン以外にも、ホッと落ち着けるスペースが欲しいと思った事がありませんか?

その願いを今回のメインポイントである【セカンドリビングのある家】が解消します。

 

リビングといっても、6畳もあるわけではありません。

とても小さな小さな空間です。でも、とても落ち着きます。

 

私達が今回お届けするらしさとは、セカンドリビング。

実際にここでくつろいで見ませんか?

このセカンドリビングは土間からも出入りができ、外と中をつなぐ空間にとても近い場所。

和風の家なら、広縁というスペースに近いかもしれません。

猫の日向ぼっこがとても似合うあの場所が自宅にある、そんな空間が大好きになれる家になります。

さぁ、内覧会へお越しください

外観画像2今回は外と中、家族とゲスト、親と子。

お互いが一緒にいることが心地いい空間の家が出来上がりました。

 私達の工夫と想いを詰め込んだ家を20日(土曜日)・21日(日曜日)に公開します。

実際のこだわり・日なたの気持ちよさをどうぞ現地で確認してください。

予約は要りません。

この家が笑顔でいっぱいの二日間になることを楽しみに、社員みんなでお待ちしています。

その際には、家のこと、将来の不動産相続についてなど。遠慮せず、お気軽に相談してください。

「今すぐの話じゃないけど、ちょっと聞いてみたい」そう言ったお声も大歓迎。

 

ちょっと寄ってみたよ。現地にて、そのお声が聞けることを楽しみにしています。

場所:山梨県甲斐市龍地5972-2

日時:10月20日(土)・21日(日)

時間:午前10時〜午後6時まで(電気をつけた雰囲気も素敵です)

見学会の物件についてはコチラをご覧ください⇒甲斐市龍地 新築住宅

 フィルコート龍地、建売住宅チラシ

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る