山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ

仲介手数料の+6万円の根拠は?

このページでは、仲介手数料の【+2万円】【+6万円】についてご説明しています。

物件の価格ごとに仲介手数料の金額を知りたい方は、手数料の計算方法もわかる仲介手数料早見表が便利です。

不動産会社がお客様から頂く仲介手数料。

この仲介手数料は、お客様から不動産物件を安全に取引できるよう綿密な調査をし、スムーズに仲介した報酬として頂くお金のことをいいます。売買価格にそれぞれ料率が決められていて、その料率に基づいた金額の計算をしています。

不動産会社からもらう物件概要(資料)の中の手数料という項目が該当します。

よく見かけるのは【3%+6万円】という表記ですよね。じつはコレ、速算式と呼ばれる計算方法。

本来なら、200万円以下が5%で、200万円を超えるのが4%で、その残りが3%で、全部たして、消費税は8%で。。。

というちょっと面倒な計算方法を簡略化したものなんです。

不動産業界では当たり前の速算式なのですが、一般のお客様が疑問に思われるのは【+6万円】の部分。

「なんで6万円?3%が手数料で6万円多くもらってるんじゃないの?!」

と、疑問に思っていませんか?

このページでは、皆が知りたい+6万円について解説します。

※仲介手数料は課税対象なので、別途消費税が加算されます。

不動産仲介手数料の料率を見てみよう

まず最初に、定められている料率をご覧ください。

1 売買価格(税込)が200万円以下 5%
2 売買価格(税込)が200万円を超える部分〜400万円まで 4%(+2万円)
3 売買価格(税込)が400万円を超える部分〜 3%(+6万円)

上の表にある赤字の+2万円と+6万円。

速算式になると通常では記載の無い赤字の+2万円、+6万円が必要になってきますが、ココの部分こそが、みなさんにとって不可解な部分でもあります。

全ての仲介手数料はこの料率をもとに計算されています、これを確認したところで実際に計算してみましょう。

1,000万円の仲介手数料を計算してみよう

では、解りやすく1,000万円の土地を購入したとしましょう。

1,000万円の仲介手数料を速算式で計算すると、
上の表の3、400万円を超えているので3%をかけて6万円を足します。
1,000万円×3%+6万円=36万円

この速算式、単純に1,000万円に3%をかけて6万円足すだけの計算しているわけではなく、上の表の料率に基づいて1,000万円を細かく分けて料率ごとに計算した後、それぞれを合計した金額なんです。

本来の算出方法では、まず料率にしたがって1,000万円をこんな風に分けます

1000万円を料率ごとに分割した図

  1. 5%の対象は200万円以下なので、200万円
  2. 4%の対象は200万円を超える部分から400万円までなので、200万円
  3. 3%の対象は400万円以上なので、1,000万円から400万円を引いた残りの600万円

きっちりと分けたところで、その料率(%)ごとに計算してみましょう。

1回目の計算 200万円までの部分を計算する

200万円以下の計算対象部分を記した図 200万円までは5%の料率なので、5%をかけます。
200万円×5%=10万円

2回目の計算 200万超~400万円までの部分を計算する

200万円超400万円以下の計算対象部分を記した図 200万円超~400万円までは4%の料率なので、200万円を4%でかけます。
200万円×4%=8万円

3回目の計算 400万超~1,000万円までの部分を計算する

400万円超から1000万円までの計算対象部分を記した図 400万円超~1,000万円までは3%の料率なので、1,000万円から計算済みの400万円を引いた残り600万円に3%をかけます。
600万円×3%=18万円

これで細かい計算がすべて出来ました。ではバラバラに計算した手数料を合計してみましょう。

料率ごとの手数料を合計する

10万円(200万円まで5%)+8万円(200万円超~400万円まで4%)+18万円(400万円超3%)=36万円 
これが仲介手数料の金額です。最初の金額と同じですよね。

でもバラバラに計算するのは面倒だから、一気に1,000万円を3%でかけちゃえば楽でいいじゃん!!
そうすると、どうなるでしょう?

1000万円に3パーセントをかける説明図 1,000万円×3%=30万円

あら大変!金額が合いません。

単に売買金額に3%をかけただけの手数料は30万円
正規の料率に基づいて計算した手数料金額は36万円     差額6万円

ここで出てきた差額の6万円、どこかで見覚えありませんか?

6万円は調整額だった!

もうお分かりですよね。
単純に3%で計算してしまうと本来の仲介手数料金額が正確に計算できないんです。

そして、正規の方法で計算したその差額こそが+6万円の根拠。
速算式で仲介手数料を計算する場合、全体に3%をかけた後に6万円を足して正規の金額になるよう調整しているのです。

だから、足されている6万円は正規の金額の一部。3%が手数料で、6万円はちょっと多めに手数料としてくださいねっていう風に見えるのですが、実は違うのです(笑)

ちなみに、最初の表2番目の+2万円(売買価格400万円未満の物件)も、同じように200万円までを5%でかけ、それ以降を4%でかけた場合の調整分です。

いかがでしたか?

不動産売買では、400万円未満の物件も多々あります。
そんな時は、3%+6万円の速算式の他に、4%+2万円も一緒に覚えておくと便利です。

アイディーホームでは仲介手数料を一覧にした早見表を公開しました。
早見表では正規の計算方法を掲載しています、不動産売買のお供にお気に入りへ追加してどんどん活用してくださいね。
仲介手数料はいくら?価格別早見表を見る

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る