山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > すっぴんは事件か?

すっぴんは事件か?

2008年11月に発売された姫野カオルコ氏のエッセイです。

タイトルに惹かれて、思わず借りてきました。

 

整形級メイクという言葉もあり、今ではすっぴんは事件だ!!と言う方も多そうです(笑)

若い子の中では絆創膏を切って二重を作っている人もいるそうで、黒目を大きくするカラコンや何やらを取ったら

 

・・そうなんでしょうねぇ。

 

事件の前に愛が冷めてしまうほどの衝撃が来そうです。

 

 

この本、刺激的な【事件】という言葉に目がいき、“ジャケ借り”から“タイトル借り”です。

 

図書館の本はこういった借り方ができるのが楽しいですね、読みたい本が見当たらないこともあるけれど、無料で読めるからこそのチョイスができる!!

本屋さんでは100%購入しないタイプの本です。

 

だってこの本、エッセイだから。

 

自論が展開されるエッセイは、他人の愚痴を聞いているみたいで苦手だったのですが
この本では共感できる部分も「あ!なるほど。」と、思わせる所もありまして

下ネタも入っていながら、ヤラシイ感じは無く言葉の響き(イメージ)についての考察で、なかなか着眼点が面白かったです。
日本アカデミー賞受賞作についても、作品自体の評価ではなく違う視点から疑問を呈するエッセイ。

タイトルに惹かれたわりに「すっぴんは事件か?」は、ちょっと共感できませんでした。

 

もう何年も前に販売されていて、目の付け所に感心させられる意味では素晴らしい☆彡

雑な言い回しもエッセイならでは・・といった所でしょうか。

 

サクサクっと読めるので、気になる目次をチョイスして読むのが個人的なおススメです。

 

しかし!次もエッセイを読みたいとは思わない。

 

姫野氏の作品がダメとかではなく、やはりエッセイが・・苦手。

(この本自体は着眼点が参考になり、色々考えさせられる楽しいものでした!!)

 

ブログもエッセイのくくり。

内容の良し悪しはべつにして、私はもっぱら読むより書く方が好きです。

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る