山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > ホームインスペクションって何?

ホームインスペクションって何?

最近話題になってきたホームインスペクション。

 

住宅を売る人・買う人双方にとってメリットのあるものですが、どんなものなのか、イマイチわからないという方多いですよね。

今回はこのホームインスペクションについて。

 

 

この言葉、日本語ではこうなります。

 

 

ホームインスペクションとは

不動産業者が順守しなければならない宅建業法で「建物状況調査」と呼んでいるインスペクションは、国の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士(既存住宅状況調査技術者)が既存住宅状況調査方法基準に基づいて行う調査のことをいいます。

 

既存住宅の基礎・外壁・室内・小屋裏・床下等の部位ごとに生じているひび割れ、雨漏り等による劣化や不具合を目視・計測等により診断します。

この状況調査は、足場を組まずに移動できる範囲に限られており、一戸建てでは小屋裏や床下点検口から目視できる範囲としています。

そのため、外から見えないところの劣化や不具合を把握したり住宅の性能を判定したりするものではない事にご注意ください。

 

 

既存住宅の状況調査は誰でも出来るわけではないので安心ですね。

 

 

最近では、中古の戸建て住宅も価格の安さから新築と比べてローン負担の軽減ができたり、

リフォーム済で即入居できる物件が増えてきたりと、注目されるようになってきました。

ですが“中古”というだけで、どこか痛んでいるんじゃないかと心配される方もいらっしゃいます。

 

そこで販売する中古住宅の劣化・不具合を資格のある第三者が調査し、

リフォームが必要な部分を事前に把握したうえで、購入してもらうための調査。

これが住宅診断、いわゆるホームインスペクションです。
(インスペクションには、調査・検査・視察・査察という意味があります)

 

 

これにより、売り主様・仲介業者や、買い主様に以下のメリットが考えられます。

 

不動産を販売される方・仲介業者のメリット

  • 売買する住宅の状態を明らかにして販売できる
  • 売買後のトラブルを未然に防止することができる

 

不動産を購入される方のメリット

  • 事前に住宅の状態が把握できる
  • 購入前にのちのち必要なメンテナンスの見通しが立てられる
  • 知識のある有資格者の調査で安心

 

不具合が無くてもあっても、事前に知っておくことができるのは安心につながります。

大きな買い物となる不動産だからこそ、メリットはより大きなものとなりそうですね。

 

 

アイディーホームはホームインスペクション済の戸建ての販売実績があります。

気になる方、ホームインスペクションをして販売を希望される方は、お気軽にご相談ください。

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る