山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 書斎の位置はそこでいい?

書斎の位置はそこでいい?

コロナ禍、世間では毎日感染者人数が公表されています。

テレワークでの働き方が一気に広がり、多くの方々が時間を過ごす自宅をプライベート・仕事共に快適な空間へと工夫を凝らしています。

 

その影響もあってか、最近の賃貸ではテレワークにも使えるスペースがついた部屋も登場!

不動産業界もアフターコロナに向けて変化が起きています。

 

なかでも注目なのは【書斎】

 

 

「テレワークスペースに使えます!」という宣伝文句ながら、【書斎】があるのは不思議と【主寝室】

寝室でのテレワーク、キーボードのカチャカチャ音や話し声は、寝室を使っている方からすると

目ざわり・耳障りでしかない気がします。

 

ご夫婦で寝室が別なら問題ありませんけどね。

 

テレワークは光・音がつきもの、これから建築される方であれば

テレワークスペース=【書斎】はこれらに配慮した独立した部屋がオススメです。

テレワーク不要になったら収納やペットスペースなど、用途を限定しない使い方が出来るよう設計しておくのがいいでしょう。

 

日中にお子様がいない場合は、室内の一部分をテレワーク用にする方がよさそうですね。

その際にスペース確保が難しいという方は、天井に設置するロールカーテンでの間仕切りが便利。

これなら部屋が散らかっている場合でもテレワークする直前にサッとカーテンをおろせば

スタンバイOK!です。

 

 

一人暮らしを始めて空いた子供部屋、押入れの一部、キッチンカウンターの隅、廊下の行き止まり部分、バルコニーなど落ち着くスペースを確保して集中できる空間づくりをしてくださいね。

 

ご参考まで。

 

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る