貸地の流れをフローチャートでご紹介いたします。

  • 想いを叶える不動産
  • 不動産まるっと相談室OPEN
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > 購入・売却の流れ > 貸地の流れ

貸地の場合(事業用定期借地権)

定期借地権には下記の3種類があります。

    • ・一般定期借地権
    • ・建物譲渡特約付借地権
    • ・事業用定期借地権

    一般定期借地権

    50年以上の存続期間を定め、更新をしない旨や建物買取請求権を行使しない特約を定め借地契約を締結します。

    また、一般借地契約を締結する場合には、必ず書面によって締結しなければなりません。

    建物譲渡特約付借地権

    30年以上の期間を定めて、その期間が経過(期間満了)した時点で地主が借地上の建物を時価で買い取る旨を定めて、更新をしない借地権契約を締結するものです。

    事業用定期借地権

    10年以上50年未満の期間を定めて締結されます。事業専用の建物所有(居住用を除く)を目的とする借地権です。

    この借地権は、最近増加しているファミリーレストランやコンビニエンスストアなど、ロードサイド店舗の用地など、特定の地理状況がなければ成り立たない借地権です。

    ※当社では、事業用定期借地権を主としてお客様にご提案しております。

    事業用定期借地権設定契約フローチャート

    事業用定期借地権設定契約とは?

      • ・事業専用の建物を建てるために残存期間を10年以上50年未満の期間とし契約更新を認めない借地権です。
      • ・事業用定期借地権の設定契約書は、必ず公正証書で締結しなければなりません。

       

      その為に、当事者間で、公正証書にする契約内容を明記した覚書を作成しこれに基づき公正証書を作成します。

       

      事業用定期借地権設定契約フローチャート図

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る