山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • 不動産まるっと相談室OPEN
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > 丹沢語録 > 季節がら、天気がら

春風のお届け物

開けっ放しの窓から入ってきたのは、春風がくれた土の香りと砂場で遊んだ幼少期の記憶。

記憶音

記憶と共に蘇る音がある、君ときいた懐かしいメロディを口ずさむのはいつも春。

桜散る

桜散る姿が潔いのは、身を挺して春の終わりを告げるから。

新年度

新年度、今年四回目の1日で一年の2/4が始まった日。

花冷え

花冷えという一言だけでいつもより寒さが受け入れられる、今だけの春言葉

存在感

お出掛けにはマスクと体調不良、見えないのにひしひしと感じる花粉の存在感。

桜舞う

何週間も前から待ち焦がれた桜の季節、一瞬だけの美しさはどの花も変わらないのに。

ホワイトデーのお返し

贈り物へのお返しは当たり前のことなののに、今日に限ってはなんだか照れるよね。

祈りと備え

祈ろう、命を落としてしまった方の為に。備えよう、今生きている人のために。

恵みの雨

雨は花粉を流し潤いをもたらす、自然のものなのに花粉と雨はこんなにも違う。

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る