山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • 不動産まるっと相談室OPEN
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > 見て納得!Q&A > 不動産の用語のこと > 耐震・免震・制振構造の違いは?

耐震・免震・制振構造の違いは?

耐震構造・免震構造・制振構造はそれぞれ地震の揺れにどう対処するかが異なります。

地震に対して【耐える】【和らげる】【吸収する】の3つあり、今ではマンションだけでなく一般住宅にも免震や制震構造が採用されるようになってきました。
 

耐震構造 地震の曲げ・ねじりに対して建物が歪まないよう、柱・はり・壁などで強化し、地震に十分耐えられる強度にする構造です
免震構造 地面と建物の間に積層ゴムなどを使った免震装置を設置して、免震装置が地震の揺れを軽減することで建物への揺れを和らげる(共振しない)構造です
制振構造 建物に地震の揺れを軽減するダンパーを設置し、揺れを吸収する構造です

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る