山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 土地・家の価格査定依頼をする際の注意点

土地・家の価格査定依頼をする際の注意点

所有する不動産の売却をお考えになっている方、
自宅や土地が一体いくらで売れるのか?いつ売れるのか?知りたいですよね。

 

不動産に定価はありません。

もちろん決まった金額もありません。

 

そこで参考にするのが査定金額です。

この査定金額も査定する人によって、金額がバラバラです。

何社かの不動産業者に依頼して査定した場合も、それぞれ査定金額が異なり

どの業者に依頼すればよいか悩むところです。

 

 

査定する業者は、必ず提示した査定金額の根拠を示すことになっています。

業者の中には、相場より高めの金額を提示し販売の依頼を受けようとするものもいます。

 

しかし、相場より高い金額では成約に至りません。

そこで少しづつ金額を下げていくことを提案されます。

 

この販売手法を使うと、

物件を見ているお客様は物件の「本当の価値が低い」ことに気づき、さらに価格が下がるのではと期待して、なかなか成約に至りません。

 

物件には売れる金額、「相場金額」と言うものがあります。

この金額を見極められるかがプロの腕です。

 

価格が安いと当然誰にでも売れますが、それでは売り主様の利益を確保することができません。

相場金額では、売り主様・買い主様双方が納得できる金額をいかに提示できるか?

ここがプロの不動産営業の腕の見せ所になるのです。

 

この売買適正価格を提示するためには、物件の状態・地域による価格差・買い手のニーズなどの市場の状況を知るために、より多くの売買実績が必要とされています。

つまり、売買実績の多い業者ほど市場にあった売買価格を提示できる可能性が高いことになるのです。

 

売却をどの業者に依頼するか?

不動産業者のホームページをしっかり見たり、業界での評判をチェックして

適切な不動産業者に仲介や買取りを依頼するのがよいでしょう。

 

大切な財産を販売する際は、

安易に決めずしっかりと不動産業者を見極めてから依頼しましょう!

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る