山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • 不動産まるっと相談室OPEN
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > 見て納得!Q&A > 不動産の用語のこと > 契約と成約の違いは?

契約と成約の違いは?

契約と成約は、どちらも対象となる不動産が【売れた】際に使われる言葉ですが、 大きな違いは行為を表す言葉か?状態を表す言葉か?になります。

契約は、不動産(売買の対象となるもの)を購入する買主様と売却する売主様がこの条件で売買しますという書面(契約書)を合意の上で取り交わす行為をいい、

成約は契約後の物件の状態をさす言葉です(各会社様によって成約へと変更するタイミングが異なります)

不動産では、売主様・買主様間で売買内容が書かれた書面を取り交わす「契約」後に、 物件の表示が販売価格から「成約」に変わります。

※アイディーホームの場合

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る