山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 一万円から’ありがとう’

一万円から’ありがとう’

不動産の売り買いは金額がとても大きい為、

一万円札を何十枚と数えることがよくあります。

 

その中で、ときどき紛れているのは

印の付いたもの・マーカーで色がついているもの・ハンコが押してあるもの。

が私の経験上では定番です。

 

でも、

今日の一枚はちょっと違いました。

だって、感謝されてしまったんですもの。

一万円札

誰が何のために書いたのでしょう?

おもわず数える手が止まって、最初から数えなおしたのは言うまでもありません(笑)

そこで、浮かんだ疑問。

 

お札の落書きは罪に問われないのでしょうか?

 

気になったので、ネットで検索してみました!

  • お札(紙幣)は破いても、いたずら書きしても罪にならない
  • 通貨変造罪になる

といった2つの内容を見つけました。

 

国立印刷局のよくある質問では、直ちに法令上違法な行為とは言いきれないそうですが、ATMや自動販売機で使えないトラブルが起きることもあるようです。

当たり前ですが、公共物にいたずら書きはしないのが鉄則ですね。

 

担当、丹沢

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る