山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 再び、走れるようになろう

再び、走れるようになろう

学生時代、当たり前に出来ていたことが、大人になると出来なくなることはよくあります。

その一つとして“あるある”なのが「走る」

お心当たりある方、多いんじゃないでしょうか。

 

もう一度走れるようになるまで

 

お仕事で座っている時間が増え、年齢と共に足が広がらないタイトなスカートが多くなり、休日はソファでゴロゴロ読書・・

こんな生活習慣では加齢による重増加を免れることもなく、いつの間にか走れなくなっていました。

何てことでしょう!!

今思えば、走れなくなって当たり前の生活です(笑)

 

改めて走れるようになるために意識したことをご紹介します。

参考になれば・・してくださいね^^

 

走るために必要だったこと

 

ダイエット

太っている状態で急に走り出すのは、身体に負荷が大きいです。

足腰は日常生活で大切ですから、身体のために痩せましょう!!身体が軽くなると、走り方を忘れてしまっているのに「走れるかも!?」なんて思うようになります。

痩せても走れなかったけど、こう思えるキッカケは大切です(笑)

 

モモ上げ

痩せてから走り出しましたが、学生時代のように走ることは出来ませんでした。気持ちだけが前に出て、肝心の足がついてこないのです。

昔テレビで楽しませてもらいました運動音痴芸人さんの「ヒザ神」に近い走り方ですね。小さな歩幅で懸命にちょこちょこ走ります。

歩いている時には感じなかった違和感、よく地域の運動会に張り切って走ったものの転んでしまうのはココに原因があるような気がします。

そこで!足を前に出すために、モモを上げて走り始めました。
あまりに意識しすぎてピョコピョコ跳ねながら走ってしまい、家族から笑われる・・。

ここから「ヒザ神」から「モモ神」へ移行。

 

まだまだ走っているという感覚はありません、何かが足りない・・。

 

足を前に出す

モモを上げながら走るになれてくると、少し足を前に出しやすくなります。

あぁ、そうそうこの感じ!!

でも走ってはいるものの、この走り方ではスピードを上げることが出来ません。

 

「こんなに走るの遅かったっけ?」

「前に走るって、何が必要だっけ?」

 

 

あ、そうそう!地面を蹴るんだ!!

疑問解決☆彡

モモを上げた足で地面を蹴っていませんでした(笑)

 

前へ足を出すことに一所懸命になってしまい、前へ進むことが後回しに・・。そう後ろになった足で蹴らなければならなかった!!

モモを上げることに慣れたので、蹴って推進力をアップしても転ぶことはありません(笑)
しっかり蹴ることが出来たら、スピードも出て軽やかに走れるようになりました!!

 

「これだーーーー!!」

 

これでやっと走れるようになりました!

 

走れるって・・楽しい。

ただ、前に進む力は太ももと同じくらいお尻を使っているのだと分かりました。

走っている方が小尻なのはこれでなんでしょうか・・。

 

走れるようになって変わったこと

走れるようになったら、歩幅が変わりました!

少しの間意識しないともとに戻ってしまいそうになるので、足の開くスカートやパンツにチェンジ!しっかりと地面を蹴って前に進むように意識して歩くとスイスイ進んで気持ちいいです。

いくつになっても歩いたり走ったりしたいですね(笑)

 

この経験がお役に立てれば嬉しいです。

よけれはご参考まで!

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る