山梨で家族が幸せになるマイホームを実現します。

  • 想いを叶える不動産
  • リチェックハウス
  • 売却をお考への方へ
TOP > アイディーホームの知恵袋 > 花は人から見た自分のイメージ

花は人から見た自分のイメージ

先日、お祝いにと花束をいただきました!

ありがとうございます^^

 

花束って贈る人をイメージして作ってもらうことが多いですよね。

なのでこの花達は、第三者から見た私のイメージ(贈りての好みも若干あるとは思います)

 

 

意外と可愛い部分もあるのかしら?とか思っちゃいました(笑)

ピンクは美と若さをつかさどる色!(現実はさておき)嬉しいです^^

 

以前に純喫茶へ行ったときも、赤の花の絵が入ったカップが出てきたこともあります。

好きな色がイメージと合っているのは嬉しいですね。

 

日頃、イベントでもない限り花を贈る機会に縁遠い人もいると思います。

そこで!

花屋さんでアレンジをお願いするコツ

  1. どういう目的で贈るのかを伝える(母の日・発表会・歓送迎会など)
  2. 贈る方の年齢・性別を伝える
  3. その方が好きな色、服装や自宅の雰囲気にあった色を伝える
  4. 贈る方の状況がわかるなら、花束か花かごかを選ぶ

 

4の花束か、花かごかは年齢を考えると選びやすそうです。

日頃からお花を活けている方は花器を持っていることが多いので、花束を。

年齢が高い方も花器を持っている方が多いので、花束でも大丈夫だと思われます。

若い方や小さなお子さまがいて、水替えなどのメンテナンスが難しそうな方には花かごがオススメです。

 

一番気を付けていることは、花をもらって負担になることを避けるために

花器があることを知っている高年齢の方には必ず花束を贈ります。(自分で手入れができない人を除く)

理由は、花かごをゴミとして処分しなければならないから。

 

花屋さんによって対応は異なるかもしれませんが、持ち込んだ花かごに活けてもらうこともできるようです。

頂いた後は、自宅用にアレンジを作ってもらうのもいいかもしれませんね!

 

花かごを使うと、時間の経過と共に残っている花が少なくなってアレンジがスカスカになっていきます。

これがなんとも忍びなくて、私はもっぱら花束派。

これなら合う花を買い足す楽しみもありますしね。

 

次に花束をもらう機会が何とも楽しみです。

素敵な大人の色も似合う女性になれるよう、年相応の魅力も身に着けたいと思います。

 

 

ご参考まで。

 

 

 

 

 

copyright(c)山梨で幸せの不動産をご案内する
株式会社アイディーホーム

TOPに戻る